勝井鋼業

product

サンドブラストとは

主に圧縮空気に研磨材を混ぜて吹きつけ、古くはさびとりなど下地処理で使用されていたが、近年は鋳物、アルミ、チタン、陶磁器などの表面処理、装飾目的で使用されることが多い。研磨材はアルミナやガラスビーズなどが多く使用されているが、バリエーションも多く、用途も多様化されている。

加工品の紹介

極小物への加工、アルミ部品加工、チタンプレス品加工、チタン加工、鍛造品加工、コンロ網ブラスト加工、その他部品加工、塗装はがし

詳細は会社HPへ お問い合わせ先

speech

配信予定日:12/23

ZOOM

製品へ命を吹き込む

弊社は金属製品にサンドブラスト処理によりその製品に最大限の付加価値をつける仕事をしています。

外観の見た目から金属製品の持つ機能を最大限に引き出し際出せる事を日々社員一同取り組んでいます。

有限会社 進功ブラスト工業所
代表取締役 武島幸蔵

about

商号

有限会社 進功ブラスト工業所

住所

〒577-0016 東大阪市長田西5丁目3-11

設立

昭和42年4月

事業内容

エ弱電部品・建築器具・脱脂洗浄・カメラ部品・ダイカスト・アルミ・鉄・プラスチック 等、あらゆる表面加工


ー経営理念ー

私たちは、金属の表面改質を通しお客様と豊かさを分かり合える会社にします。

  1. 1. 時代の変化にいち早く対応できる会社にします。
  2. 1. 社員と共に成長し発展する会社にします。
  3. 1. 地域社会に貢献し発展する会社にします。